ソニーPCL、3D音響制作に対応するイマーシブサウンドスタジオを12月中旬に開設

ビジネス

ソニーピーシーエル(以下、ソニーPCL)は、ソニーの空間音響技術Sonic Surf VR(ソニックサーフヴイアール)や新たな音楽體験「360 Reality Audio(サンロクマル?リアリティオーディオ)」を含む3D音響のサウンドデザインに対応する”イマーシブサウンドスタジオ”を、2019年12月中旬に開設する。

本スタジオは、より臨場感豊かな沒入體験の実現を目的に、ソニー獨自の波面合成技術による空間音響技術Sonic Surf VRをはじめ、Dolby Atmos(9.1.4ch)、DTS:X、360°VRの音響など、様々な3D音響制作に対応する。

さらに、ソニーの提案する、立體的な音場を実現する新たな音楽體験である360 Reality Audioへの対応も予定しており、上映用映像や體験型コンテンツ、OTT映像配信サービス、ゲームサウンド制作など、多彩な領域でのユーザー體験を向上させ、リアリティを追及できるスタジオを目指す。

これによりソニーPCLは、ドルビーラボラトリーズのHDR(ハイダイナミックレンジ)技術であるDolby Visionと同社の立體音響技術であるDolby Atmosに対応したコンテンツ制作が可能となり、両技術を使用したUltra HD Blu-rayオーサリングや、配信用マスタリング(IMF[Interoperable Master Format]作成)が可能な日本國內で唯一のスタジオとなる。

ソニーPCLは、これまでも最先端の映像?音響技術に挑戦し続けることで、多様なユーザー體験を実現してきた。今後も16Kなどの規格外超高精細映像、AR/VR/MR[Mixed Reality]、センシングやリアルタイムレンダリングエンジンなど、さまざまな技術と発想を融合させることで、ソニーの存在意義である「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」ソリューションを提供していくとしている。

関連タグ

オススメ

湖南快乐十分怎么玩